美容皮膚科のケミカルピーリングと自宅ピーリングはどっちが効果的?

シワやたるみ、ニキビなど幅広い美容効果があるとされているケミカルピーリングですが、「本当に効果はあるの?」と疑問に思いませんか?

わざわざ美容皮膚科で診療をうける必要があるのか、肌への負担はないのか、ニキビ以外にも美容効果はあるのか、調べてみました!

美容皮膚科でケミカルピーリング治療を考えている方は、この記事をじっくり読んでからご検討ください。

そもそもケミカルピーリングってなに?どんな方法?

ケミカルは「化学成分」、ピーリングは「剥がす」という意味で、ケミカルピーリングとは肌に薬剤を塗って(化学的に)肌に必要のない角質をはがす治療法です。

肌に酸を塗って意図的に角質をはがすので、少なからず肌に負担はあります。

肌に塗布する薬剤(酸)はグリコール酸やサリチル酸などが多く、あなたの肌に合わせた薬剤を医師が選んでくれます。施術を受ける前に肌の悩みやニキビの状態を話し、医師としっかり相談してくださいね。

ケミカルピーリングの美容効果

ケミカルピーリングがもたらす1番の美容効果はニキビですね。

肌に不要な角質がはがれず厚くなると、毛穴が塞がれ皮脂の分泌がうまくできず毛穴にたまってしまい、白ニキビとなります。ケミカルピーリングで肌表面にこびりついた角質をはがすことで、毛穴が詰まりにくくなるのでニキビ予防にもなります。

ターンオーバーを促進させるのでニキビだけでなく、くすみやシミなど、あらゆる美容効果があるとして人気を集めています。

鼻の黒ずみにも効果的?

ケミカルピーリングはニキビの予防やシミ、しわなどに効果があるとして人気ですが、いくつか注意点もあります。

ケミカルピーリングは肌に酸を塗って意図的に角質をはがすので、一時的に肌のバリア機能が低下し、乾燥や紫外線など外部からの刺激をうけやすくなります。

そのため、治療後は紫外線対策や保湿などのスキンケアを丁寧に行わないといけません。

また、ケミカルピーリングを行うと鼻の黒ずみが解消されると思われている方もいますが、期待のしすぎは禁物です。以下の口コミをご覧ください。

ケミカルピーリングを鼻の黒ずみのために受けている高校生です。
受ける前よりも鼻が赤くなってきている気がします。黒ずみも減りません。ますます肌が荒れてきている気がして泣けてきます。綺麗になるために治療しているのに逆に悪化して死にたいくらいです。

ケミカルピーリングってもともと肌の新陳代謝を高める方法であって、鼻の黒ずみを解消するための治療法ではないんです。肌に必要のない角質が取れることで、角栓や黒ずみにも効果が期待できるって感じです。

なので、鼻の黒ずみを解消するのが1番の目的であれば、他の方法を探した方が良いかもしれません。

ケミカルピーリングは美容皮膚科でしか受けられない?

実は、ケミカルピーリングって自分でも行うことができます。

「自分で自宅でケミカルピーリングができるなら、わざわざ美容皮膚科に通う必要なんてないじゃん!」って思っちゃいますよね?まぁまぁ、そう慌てずに(笑)

ケミカルピーリングには濃度があって、強くなればなるほど取り扱いに注意が必要で、当然ながら専門の方じゃないと扱えません。ですから、通販などで購入できるケミカルピーリングなどは、濃度が弱く効果も薄いんです。

しかし、美容皮膚科なら話は別です。医師があなたの肌の状態に合わせて施術を行ってくれます。あなたの肌質によって薬剤を選び、濃度や塗布時間を決めるという具合ですね!

気軽にケミカルピーリングを始めたいなら、通販などでピーリング剤を購入し自分で行うのもアリですが、不安ならちゃんと美容皮膚科で診療を受けた方が良いでしょう。

「ケミカルピーリングは前から気になっていた」

「シミやたるみ、くすみなどに効果があるなら試してみたい!」

と興味本位なら良いですが、ニキビに本気で悩んでいる方ほど美容皮膚科で専門的なアドバイスや治療を受けた方が、効果的に肌の悩みを解決できると思います(*^^)v

私のオススメはシーズラボです。

シーズラボでは厳選した10種類以上のピーリング剤の中から、あなたのニキビに合わせたピーリング剤を選び、あなただけのオーダーメイドケアを提供しています。

お得な今のうちに、下のリンクをチェックしておいてくださいね!

ニキビ撃退フェイシャル